今日は歯石除去はやめましょう

85歳の女性の患者さん、
4日前に転倒して肋骨にひびが入ったとのこと。
今日は、院長の診察と歯石除去の予定でした。
3線の電車を乗り継ぎ1時間ほど掛けて来院してくださいます。
「今日は体力的にきついから、先生の検診だけにしてください」そう言われました。

インプラント歯もありますが、いつもきれいに手入れしていらっしゃいますし、3か月に1度のメンテナンスも継続です。

こんな時こそ、『アクセスバーズ』です。

コルセットを付けた状態では呼吸も苦しそうです。

「少しだけ、横になっていてください」と誘って
30分間アクセスバーズを施術しました。

最初の5分程は、1分間に40回以上の呼吸数で
着衣からもわかる上下の激しい動きでした。

それが次第に穏やかになり
10分もすると30回以下になり、
20分経った頃には20回位のやさしい呼吸に代わりました。

ぐっすり眠っていらっしゃるのも見受けられます。

30分の施術が終わり、
せっかく気持ちよさそうに眠っていらっしゃるのに
申し訳ないなぁと思いましたが、次の患者さんが来院です。

起きて頂きましたら、
ツ~と、涙を流されました。
「ごめんなさい。泣いてしまって。ごめんなさい。
 実は、とっても辛かったの。
 そして、このところ眠れなかったの。
 今、すごく・・・すごく眠りました。
 ありがとうございます。
 ありがとうございます・・・」と
何度も何度も頭を下げて言われます・・・

いえいえ・・・いつでもさせて頂きますよ。

最後に握手を求められ、
私の手を撫でて帰られました。

よかった!!!

院長の「口腔内問題なし」の声も聞けたし。

あとは、肋骨の怪我が早く治りますように。