歯科医院内で自己分析

茅ヶ崎市にある、三宅歯科医院にて、院内セミナーを実施しました。

講師は、デンタルNLP®トレーナーの今野由利さん。

今回は、院長を含め、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、受付兼歯科助手の計10名が参加してくださいました。

院長の三宅先生は、「スタッフそれぞれが主体的に動き仕事してほしい」という強い想いがあります。

今回の院内セミナーでは、「主体的に動き仕事をする」ということを目標に、主体的に動きやすくする環境作りや、意識の確認を行いました。

 

感想は、院内セミナの醍醐味でもある

「一緒に働いているスタッフの考えや知らない一面を知ることができてよかった」

「スタッフ間の距離が近づいてよかった」

「スタッフ同士お互いを知ることで、より一層チームワークがよくなる気がした」

「気心知れたスタッフと一緒なので、緊張せずに参加できた」

という声が多数ありました。

 

そして、

「それぞれが仕事において大切にしていること」を言語化し、全員で共有することが、改めて歯科医院全体を良くしていき、共に成長していけたらいいなという感想もありました。

自分自身を分析することができ、そしてスタッフ全員でシェアできたことが、仕事環境として「安心して働ける、成長できる」環境へと近づいていったようです。

 

「自分と同じように、この人も考えているんだ・・・」ということを認識することが、チームワークに繋がったようです。

 

主体的に、自ら率先して動き、仕事をする・・・

 

このような環境や状況を実現するには、どのような事が必要か。

 

みなさんは、どのような事を歯科医院内で実践されていますか?

スマイル・ケアでは、土屋和子によるプライベートレッスンをはじめ、デンタルNLP®トレーナーによる院内セミナーの実施も行っています。

 

院内セミナーでは、院長の「想い」や「目的・目標」をまずお聞きし、そこからプログラムを組み立てていきます。

院内セミナーでは、普段から取り組んでいただけるような気軽にできるワークなども紹介させていただきます。

 

その時だけ効果よりも、継続的で効果的な進展のために・・・

 

院内セミナーなどに関してのお問い合わせは、こちらからお願いします。